20代から始める男のシミ治療!クワトロボタニコの効果を検証してみた

こんにちは、くろべです。

 

年齢を重ねてくると気になってくるのが肌の頑固なシミ。

 

若いうちはほとんどの人が気にすることもないシミですが、一度できたシミは放っておくと自然に治ることもほとんどなく、老け顔に見える一因にもなるので早いうちから対策しておきたいです。

 

特に男性はあまり気にしない人も多いので、どれだけ早いうちから対策しておくかで10年、20年後の周りからの印象も変わってくると思います。

 

筆者は20代後半でそこまでシミが気になる年齢ではないですが、将来に向けていち早くシミ対策を行っていこうと思い記事にすることにしました。

 

シミの治療方法としてはおおまかに

  • 美容液やサプリ等を使った自己治療
  • 医療機関、クリニック受診によるレーザー治療等

が考えられますが、後者は効果が確実な分かなり高額な料金となってしまうのがネックとなっています。

 

さらにレーザー治療にはダウンタイムと呼ばれる肌の赤みや腫れが数日~数週間残ってしまうため、普段学校や仕事で他人と会う人には少しハードルが高いとも感じています。

 

筆者も現段階ではレーザー治療をするほどでもないと考えているので、まずは前者のような自宅で手軽にできるしみケアを念頭に置いた対策をしていきます。

 

そこで、今回は男性用のシミ対策美容液を購入したので、その使用感や効果を見ていきます。

シミの原因とは

シミの原因の多くを占めるのが紫外線です。

メラニンと呼ばれる成分は紫外線から肌を守ってくれる役割を持ちますが、過剰に紫外線を浴びることでシミの原因になります。このシミは10年、20年と経ってから現れるので、今はシミがないという人も他人事とは言えません。

特に若い頃に部活等で長時間太陽の下で日焼け止めも使わずに活動していたような人は要注意です。

 

もう一つはニキビや火傷等によって残る炎症。

ニキビが治った際にたまに肌の赤みが残ったままになることがあります。

これも一種のシミでニキビができやすい私もよく悩まされています。時間が経てば自然に治るケースもありますが全て治るわけではないですし、治ったとしてもかなり長い期間シミと付き合っていくことになります。

そして若い人で比較的多いのがこちらのタイプ。今回私が治療していくのもこのニキビ跡タイプになります。。

 

その他にもそばかす等もシミの一種になるようです。

 

いずれのシミも色素が肌に沈着した状態で、放っておいても治る確率は低いので、見つけたら積極的に処置していきたいです。

 

男のしみケア美容液【クワトロボタニコ ボタニカルスポッツソリューション】

クワトロボタニコ

今回シミ対策として使用したのが、男性用のシミ対策美容液であるクワトロボタニコ(QUATTRO BOTANICO)ボタニカルスポッツソリューションです。

 

クワトロボタニコは大人の男性をターゲットとしたスキンケア用品全般を取り扱っているブランドで、洗顔や日焼け止め、化粧水等も展開しています。

その中でも今回使用したのはシミ対策に特化した美容液であるボタニカルスポッツソリューション。

商品概要

【商品】クアトロボタニコ (ボタニカルスポッツソリューション)
【内容量】20g
【価格】5,000円(税別)
【商品概要】しみケア美容液

 

天然美白有効成分であるコウジ酸を配合しており、シミの原因となるメラニンへ集中的に働きかける効果を持ちます。

 

公式サイトによると、朝晩の洗顔後にシミの気になる箇所へ適量塗り込んでいくことで、徐々にシミが薄くなっていくということですが、効果を実感するまではおよそ2か月から半年程かかるそうです。

 

1本で2か月程使用できるとのことなので、効果が早い人では1本、最大で3本程度使っていくことになります。

筆者は今回顔の一部にのみ使用しているので、おそらく1本で半年程度は持つという感覚です。

 

購入方法については一部の店舗でも取り扱いはあるようですが、取り扱い店舗はある程度限定されているようなので、インターネットからの購入がおすすめです。

使用感

シミ しみ 染み

今回は頬にできた褐色のシミに対して美容液を使用していきます。

こちらはニキビ跡として残ってしまったもので、既にシミとなってから数年は経過しているものです。

 

美容液は白っぽくさらっとした液体で、顔に塗ったうえで伸ばすと見ためは透明で全くわからなくなります。

 

しみ 染み シミ

シミの箇所に美容液を付けていきます。

 

使用タイミングは基本的に朝晩の洗顔後、化粧水を使用した後に付けていきます。

使用する順番としては、洗顔→化粧水→シミケア美容液→その他の美容液→乳液となります。

 

まずは数日使用してみた感想としては、今のところ特に肌トラブルもなく順調に感じています。

付け心地はさらっとした肌触りでべたつきもなく使いやすい印象でした。

 

※今後の経過については、本記事にて随時更新していく予定です。

 

まとめ

自然に治すことが難しいシミですが、いきなりクリニックで高額な料金を払ってまで治療するのもハードルが高いと感じる人は、まずは自宅で手軽に始められる日常のケアとして、シミ用の美容液を使ってみるのも一つの選択肢としてはありでしょう。

 

当然効果には個人差等もある(と思われる)ので、使用後は様子を見つつ必要に応じてクリニック等での本格的な治療に切り替えていく、という順番でも遅くはないですし、もし期待した効果が得られなくても金銭的な負担はクリニックと比べても大きくはならないと思います。

 

筆者もまずは美容液による経過を観察しつつ、今後必要と感じればクリニック等での治療への切り替えも検討していくつもりです。

 

 

コメント