COMOLI(コモリ)の定番デニムジャケットを購入。絶妙な古着感が雰囲気抜群の一着

くろべです。

 

以前から気になっていたブランドの秋冬物を購入してきました。

最近は外出する機会は減っていますがそれでも服を買うのはやめられません。。。

まだまだ着る機会は少ないですが、購入時からテンション上がりっぱなしなので、早速画像とともに紹介させていただきます。

COMOLO(コモリ)のデニムジャケット

今回購入してきたのはCOMOLI(コモリ)のデニムジャケット。

 

COMOLIは服好きの間ではかなり人気のブランドで、そこそこ価格帯は高めなのですが、人気アイテムは発売から早々に売り切れる程の人気ぶり。定番のコモリシャツは毎年バリエーションを変えながらも売れ続けているブランドの人気アイテムです。

 

今回手に入れたデニムジャケット、実は私も発売日から出遅れてしまいオンラインショップでは既にどこも完売状態だったのですが、運よくフリマサイトで定価と同価格の\40,000程で手に入れることできました。

 

発売から時間が経ってしまうと定価以上の値段で取引されるケースが散見されるのでラッキーでした。

 

こちらのデニムジャケットも19年AWから展開されているアイテムで、今後定番化されるなら毎年発売されるかもしれないので今年手に入れられなかった人は要チェックだと思います。

 

デザイン、素材感、シルエットについて

デニムジャケットといえば大きめのポケットにボタン、随所に施されたステッチ等のデザインで全体的にゴツゴツとした男っぽい印象が強いですが、COMOLIのデニムジャケットはそれらのデザインを極力排除し、他のデニムジャケットとは全く異なる落ち着いた雰囲気を作り上げています。

 

もう少し細かく見ていきます。

まず、デニムジャケットはそのデザインによっていくつかのタイプに分けられるのですが、COMOLIのデニムジャケットは1stタイプと呼ばれるデザインをベースにさらにCOMOLIらしさを加えた作りになっています。

 

1stの特徴の一つである片側のみに配置されたフラップポケットは、ボタンを無くして小ぶりにすることでシンプルに仕上げています。位置もかなり低めにすることで絶妙な抜け感もプラスしているところが個人的にお気に入りポイント。

最もポピュラーで市場でも一番見かける3rdタイプのモデルは両胸に大きめのポケットを配置し、ステッチ等のデザインも派手なため、こういったシンプルなデニムジャケットを着るだけで差別化につながります。

 

バックに付いているベルトも1stの特徴の一つですが、こちらも目立たないステッチで取り付けているのであくまでもさりげない印象。

それとデニム全体にシワが入っているのが見て取れますが、これは後からついたものではなく最初からこのようなシワ加工がされています。極力デザインを排除したシンプルなデザインながらも、こういったシワ加工をしてあげることで、どこか古着っぽいような印象にもなります。

古着っぽいんだけど全くだらしなさはなく、むしろ大人が着てもほど良く自然に見せてくれる、この雰囲気はまさにCOMOLIにしか出せないのではと思えるほど。

 

生地感はカリッとした風合いで少しだけ毛羽立った感じ。他のデニムジャケットと比べるととにかく軽く着心地も良いのでシャツ感覚で気軽にさっと羽織れるのが嬉しいです。冬は少し寒いかもしれませんが、コートの下のインナーとしても使えそう。

 

シルエットは少しだけ肩を落として身幅にもし少し余裕を持たせたややオーバーサイズ気味のシルエット。

とは言っても昨今のサイズ感と比べるとあくまでも自然な大きさで、人によってはこれでジャストサイズかもしれないと思えるほど。オーバーサイズに抵抗のある人も難なく取り入れられるシルエットです。

 

COMOLIの他のアイテムと比べるとやや小さめの作りのようなので、少し大きめに着たい場合はサイズを上げるのも良さそうです。私もサイズ1を購入しましたが、Tシャツの上から羽織って丁度良いサイズ感で、中にニットやスウェットを着こむのは厳しそうです。

 

ちなみに半年程前にもオーラリーのデニムジャケットを購入したばかりで、この短期間で2着もデニムジャケットを購入するのには少し抵抗があったのですが(しかもどちらも値段が高い)、実際に手に取ってみるとその悩みも吹き飛ぶほどの良い出来だったので、結果的には購入して良かったと思いました。

少し緩めが丁度いい。オーラリーの20SSデニムジャケットは即完売も納得の出来栄え

 

コメント