MARGARET HOWELL idea(マーガレットハウエル アイディア)の長財布を購入

スポンサーリンク

くろべです。

2018年の締めくくりに財布を購入しました。

財布を買い替えるとなんだかわくわくするのは私だけでしょうか。

以前使っていた財布は既に5年以上使っており、まだまだ使えるのですが、さすがにそろそろ新しいのが欲しいと感じていました。よく3年で買い替えるのが良いとも聞きますが、既に5年も使っているので十分役目は果たしたでしょう。

今回購入した財布はこちらです。

MARGARET HOWELL idea(マーガレット・ハウエル アイデア) ラインエンボス ロングウォレット 定価19,940円

マーガレットハウエルと言えば、イギリスのファッションデザイナー、マーガレット・ハウエルが1970年メンズのシャツを発表したことから始まったブランドで、シンプルでベーシックなデザインが多く、ウィメンズやメンズウェアだけでなく、靴や小物も手掛けている非常に洗練されたイメージのブランドです。

マーガレットハウエルアイデアは、日本独自で手掛けている、ライセンスラインです。

かぶせ蓋の長財布はシンプルで使いやすい

今回私は今まで使っていた財布と同じタイプのかぶせ蓋の長財布を選びました。私がこのデザインを選んだ理由は以下の通りです。

・デザインがシンプルで大人っぽい
・収納力もそこそこあり、利便性が高い

まずは、デザインが非常にシンプルで大人っぽいという理由です。

同じ長財布でファスナータイプの物もあるのですが、こちらはファスナーが外から見える分やや装飾性があるといえます。それに比べてかぶせ蓋タイプの財布はそういった装飾性を一切排除したデザインなので、非常にシンプルな印象になります。

次に収納力があって、利便性が高いというところです。

2つ折りの財布等と比べるとカード入れも多いですし、単純な収納力はとても高いです。

ファスナータイプも収納力に関しては同等だと思いますが、かぶせ蓋タイプの長財布はファスナーがない分お札や小銭を取り出すときの動作が一つ少ないので、使いやすさでは上だと思っています。財布はほぼ毎日使うものですので、やはり使いやすさ(お札や小銭、カード類の取り出しやすさ)は最重要視すべきでしょう。

ですので、私はこのシンプルなデザインと使いやすさからかぶせ蓋の長財布をおすすめしたいです。

ただ、ファスナータイプにももちろんメリットはあります。それはファスナーがついていることによる安心感です。

わたしはかぶせ蓋の長財布を使っていて、何度かカードが行方不明になったことがあります。

結局鞄の中で見つかったのですが、長いこと同じ財布を使っていたので、カードポケットがゆるゆるになっており、簡単にカードが落ちてしまう状態でした。

しかし、ファスナーの財布ならこのような心配はありません。ファスナーの閉め忘れてもしない限りカードを落としてしまうことはないでしょう。

どうしてもカードを落としてしまう心配がある方はファスナータイプを選ぶのが良いと思います。

収納ポケットの多さについて

財布の裏側には大きなポケットが一つ付いています。ちょっとしたメモやレシート等の一時保管場所に使えそうです。ただ、外側についているポケットなので、あまり大事なものは入れておかないのが無難です。

財布を空けてみると、見える位置にカードの収納ポケットが上下で6つずつ付いています。さらに右下のポケットはカードが取り出しやすいように角部分が少し削れたデザインになっています。個人的にはこのネイビーの色見と中のブラウンが合っていてとても好きです。

 

お札入れを覗いてみると、中にもカードの収納ポケットが6つ付いています。合計で18ポケットです。これはなかなか多いのではないでしょうか。ただ、カードの入れすぎは財布が膨らみ不格好になってしまいますので、本当に必要な枚数だけ入れておくようにしたいものです。

また、革は非常になめらかで触っていて気持ちが良いです。まだまだ新品という感じがするので、これから使い込んでいくことでどう変わっていくのかが非常に楽しみです。

 

財布が閉じない問題

この記事を書いている時点で新しい財布を使い始めて1日になるのですが、カードを18枚すべて収納すると財布が半開き状態になってしまいます。

かなり不格好です。カードの枚数を少し減らすことで少しは改善されるのですが、それでもやや半開き状態のままです。

まだ革が固くてなじんでいないのが原因だと思いますがもう少し使い込んでいけばこの問題は改善されるのでしょうか。

しばらくは、カードを多めに入れて財布になじませていきたいと思います。

財布が閉じないこと以外は今のところ満足していますが思わぬ盲点でした。

コメント