皮脂の落とし過ぎはNG。メンズ専門のZIGENの洗顔料を試してみた。

スポンサーリンク

こんにちは、くろべです。

最近はとにかく顔の脂と毛穴が気になっています。

そこで久々にちょっと高価な洗顔料を買いましたので、レビューしていきたいと思います。

おそらく気になっている人も多いよく耳にするあの商品です。

スポンサーリンク

ZIGENのフェイスウォッシュを購入

ZIGEN

今回購入したのはこちら、『ZIGEN フェイスウォッシュ』です。(\2,200円)

100グラムの容量で2,200円って、ドラッグストアで売っている一般的な洗顔料と比べると明らかに高い値段です。

ここまで高い洗顔料は人生でも初体験。未知の領域です。

もちろん値段が高ければ良いというわけではないと思いますが、少しでも美肌になりたい私としてはかなりの期待を込めつつ購入しました。

まあ、2,200円で肌が綺麗になるなら万々歳なので、肌への投資は惜しみません。

購入したきっかけ

ロフトに寄った際に、メンズコーナーで一番目立つところに置いてあってパッケージもオシャレだったからです。以上。

もともと今まで使っていた洗顔フォームが切れそうだったのでそろそろ買い替えようと思っていたのですがその矢先、メンズコーナーで大々的に宣伝しているZIGENの洗顔料を発見しました。

今まで「メンズ専用」の洗顔料は顔への刺激が強すぎるんじゃないか、と考えていたので避けていたのですが、どうやらZIGENは皮脂を落とし過ぎない洗顔がウリのようで何だかすごそう?という思いました。

私も昔は勘違いしていたのですが、顔の皮脂を洗顔で落とし過ぎると逆に皮脂の分泌が過剰になって良くない、というのは知っていたので皮脂を落とし過ぎない洗顔というのは期待できそうです。

ちなみに、近所のドラッグストアには売っておらず、ロフト等の一部の店舗やネット通販が主な購入手段になります。

フェイスウォッシュの特徴

値段は高いけど、結局市販の洗顔料と何が違うの?と疑問に思ったので公式サイトを元にフェイスウォッシュの情報をまとめておきました。

石鹸ベースで低刺激

洗顔料にも石油ベースだったちアミノ酸ベースといったり色々種類があるらしいのですが、フェイスウォッシュはその中でも肌への刺激が少ない石鹸ベースの洗顔料ということです。

こんにゃく成分「マンナン」が汚れを吸着して落とす

どんなに肌に優しくてもしっかり洗浄できなければ意味がない、ということでテレビ等でもたまに耳にするこんにゃく成分の「マンナン」が含まれています。

このマンナンが毛穴の奥の汚れまでしっかり吸着して洗ってくれるとか。

男性特有の嫌な臭いを消す白金ナノ配合

男性の嫌な臭いを消してくれる白金ナノが配合されています。

でもそんなに顔が臭い人っているんですかね?

いたとしてもよほど顔の近くに寄らなきゃわからないんじゃないでしょうか。

私は臭くないはずなのであまり関係ない。。。と思っています。

洗いあがりしっとり

ヒアルロン酸やコラーゲンを含んでいるので、洗顔後もつっぱらずにしっとりとしているそうです。

これは素直に嬉しいです。

ヒアルロン酸もコラーゲンも肌に良い成分と言えば一番に思いつきそうなワードなので、この辺が配合されているのが値段に関係しているんでしょうか?

【感想】使い心地はしっとり爽やか、肌がつっぱらないのが嬉しい

早速フェイスウォッシュを使っていきます。

まずは洗顔の前にこれを用意します。

100均等で手に入る泡立てネットです。

どの洗顔料を使うにしても必須のアイテムです。洗顔のお供ですね。

個人的には温泉などの洗い場にも設置してほしいと常々思っています。

持参していけばそれで済むのですが、ちょっと面倒ですよね。

泡立てネットを持ち歩いている人なんて今まで見たことないですし。

フェイスウォッシュを適量手に取ります。

ここで初めて気づいたのですが、ジェル状ということに驚きました。

一番多いのはクリーム状の洗顔料なのでてっきりそのタイプかと思っていたのですが、まさかのジェル状の洗顔料です。

写真だとかなり見えにくいので一度手に取っていますが、実際使うときはいつも泡立てネットに直接ジェルを出して使っています。

泡立てネットを使って泡立てるとこんな感じです。

泡立てネットは最初に濡らしておくと泡立ちやすくなります。

泡の立ち方は普通です。ただ、量をケチると水っぽくてキメが粗い泡になってしまうので注意してください。

泡だけ見ても普通の洗顔料との違いは正直わかりません。

ただ、洗顔後に顔を触ってみると顔のべたつきや洗い残しは感じなかったので、汚れはしっかり落とせているように感じました。これも「マンナン」の力でしょうか?

特に今までの洗顔料との違いで感じたのは、洗いあがりに肌がつっぱらないという点です。

多くの洗顔料はしっかりと洗えているというさっぱり感と引き換えに、洗顔後のつっぱりは避けられませんでした。

しかし、フェイスウォッシュはさっぱり感はひかえめですが、その分つっぱりはなくもちもちとした肌触りが印象的でした。

肌に優しい成分でつっぱらない洗いあがりを実現しつつも、こんにゃく成分で汚れはしっかり吸着する」という、まさに脂の多い男性に向けて作られた洗顔料という感想です。

どんなに顔を洗ってもすぐに皮脂で脂ぎってしまうという人は一度試してみると良いかもしれません。

ちなみに1本で朝晩1日2回の使用で約2カ月使えるそうなので、一日あたり(2,200円÷60日)に換算で約37円の計算です。

そう考えると思ったより高い買い物ではないかな、と思いました。

スキンケア
スポンサーリンク
シェアする
kuro99をフォローする
くろコレ -Men's Fashion Blog-

コメント