amazonのProduct Advertising APIが503エラーで使えない話

スポンサーリンク

amazonのリンクをブログに貼ろうと思ったときに、
より綺麗に貼りたいと思った方の大多数は、AmazonJSやAssociates Link Builder等の
Product Advertising APIを使用したプラグインにたどり着くと思います。

私もその一人でAPIを試そうと思ったのですが、なぜか503エラーではじかれてしまいます。

今回は503エラーとの格闘を備忘録として記しておきます。

結論から言うと、未だ問題は解決できておりません。2019/3/28代替策を追記しました。

そもそも503エラーって?

簡単に説明すると、サーバーへの大量の同時アクセスが発生した時に、
アクセスを制限するためのエラーのようです。

今回の場合はamazonのサーバーへのアクセスを軽減するためにアクセスを
制限しているのでしょう。

私が試したAmazonJSやAssociates Link Builderでは以下のようなメッセージが
表示されます。

「You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.」

「リクエストの送信が早すぎるので、もう少し間隔を置いてから再度リクエストしてください」
というような意味のようですが、そもそも一度もリクエストが通らないのですが。。。

解決策は?

プラグインを変えればもしかするといけるか・・・?と思ったのですが、
使用しているAPIは同じはずなので、やはり結果は変わらずでした。

各プラグインの導入方法や仕様方法は他に紹介されている方がたくさんいらっしゃるので
ここでは割愛します。

Product Advertising APIの説明を見ると、
デフォルトでは1秒間に1アクセスが可能と記載されています。

ですが、数時間待って試しても結果は変わりませんでした。

ダメ元でアクセスキーやシークレットキーを変えてみたり、ブラウザを変えてみたり
いろいろと試行錯誤してみたのですがどれもダメでした。

2019/1/23に利用規約が変わり以前より制限回数が厳しくなったようですが、
今回のケースはどう考えても制限に引っかかっているとは思えないです。

調べてみると他にも同じ現象で困っている方がたくさんいるようでした。

どうやらリクエスト制限回数に関わらずこのエラーは頻発しているようです。

そうなってくると原因が全くわかりませんので、
もはや私ではどうにもならないような気がしてきました。

ただ、中には時間経過で解決した、という方も少なからずいるようでしたので、
とりあえずもうしばらくは様子見になりそうです。

もし何か進展があればまた追記します。

代替策を使うことに(2019/3/28追記)

2019/3/28 現在、相変わらず同様のエラーでamazon apiは使用することができません。

どうやらこのまま使えるようになることはなさそうです。

しかし、これに代わる(むしろこっちのほうが使える?)ツールを見つけました。

そのツールを使うと、下記のように商品を画像付きで紹介することができます。

こちら「カエレバ」というツールで作成したリンクになるのですが、思った以上に使い勝手がよく見た目も良いので、現在はこちらをメインに使用しております。

もちろんamazonの商品も紹介することができます。

私と同じ状況で悩まれている方は試行錯誤するよりもこちらに乗り換えたほうが良いかもしれません。

詳しくは【アフィリエイト】カエレバでamazonの商品を紹介しようをご覧ください。

雑記
スポンサーリンク
シェアする
kuro99をフォローする
くろコレ -Men's Fashion Blog-

コメント