【アフィリエイト】カエレバでamazonの商品を紹介しよう

スポンサーリンク

こんにちは、くろべです。

ブログでamazonの商品を紹介するためのアマゾン提供のAPI「Product Advertising API」を使いたかったのですが、なぜかうまく動作しなくて使えませんでした。

amazonのProduct Advertising APIが503エラーで使えない話

「これじゃあamazonの商品を綺麗に貼ることができない・・・」と悩んでいたのですが、その代替として使えそうなツールがありましたのでご紹介します。

商品紹介ブログパーツ カエレバ

紹介するのは、カエレバというamazonや楽天等のアフィリエイトができるツールです。

ブログ界隈ではかなり有名なようですが、私は最近知りました。

もっと早く出会っていればよかったです。

このカエレバはamazonや楽点、yahoo等の複数のアフィリエイトを一度に行えるというのが最大のメリットで、読者は好きなショッピングサイトから商品を購入することができます。

実際にカエレバを使って商品のリンクを貼ってみるとこのように表示されます。

どうですか?

カエレバを使えばこんな感じで簡単に画像や見やすいボタン付きで商品を紹介することができます。

ちなみにボタンの配置や色等は自分でカスタマイズすることもできます。

カエレバは超簡単に使えるのでおすすめ

カエレバにアクセスし、まずは下準備としてページ中央下あたりの「ユーザーデータ入力」という箇所から、自分のブログ名とamazonや楽天のアフィリエイトidを入力し、カエレバが使用できる状態を整えます。

アフィリエイトidは、実際に商品が売れた時に自分のブログから売れたことを証明するために必要な個人毎に持つIDで、amazonや楽天等アフィリエイトしたいサイトでそれぞれidを取得する必要があります。

それぞれのidの取得方法はさらにページを下に進めると載っているのでそちらを参考にしてください。

ここまでで下準備は終わりです。

後は紹介したい商品を選んで、作成されたリンクを自分のブログに貼りつけるだけです。

上記の下準備やその後の細かい手順も含めてカエレバの基本的な使い方と注意点【図解】で非常にわかりやすく紹介されていたのでよろしければご覧ください。

私も参考にさせていただきました。

なぜamazonの商品も紹介できるのか?

amazonのProduct Advertising APIが503エラーで使えない話でも記事にしていますが、2019/3/28現在、amazonの商品を綺麗な見やすい画像付きで紹介することができる「Product Advertising API」には使用回数制限等が設けられており、かなり使いにくくなってしまいました。

では、なぜカエレバでは上で紹介したようにamazonの商品リンクも張れるかというと、商品画像、テキストリンクは楽天のものを使用しているからです。

つまり、商品の画像データや商品名は楽天サイトから引っ張ってきており、そこにamazonのリンクも一緒に張っているだけということになります。

こちらの例で説明すると、画像やテキストリンクをクリックすると楽天の商品ページに飛びますが、amazonのボタンは、amazonサイト内の検索窓に ”ブログ アフィリエイト” というキーワードを入れて検索した結果へ飛ぶことになります。

もちろん、カエレバで作成されるテキストリンク内のamazonのURL部分を修正すれば、直接商品ページへ飛ぶようにすることも可能です。

amazonのAPIは非常に使いにくく(私の場合は全く使えない)なってしまったのですが、特にこだわりがなければカエレバで十分だと思います。

むしろ複数サイトを同時に紹介できるこちらのほうが使い勝手は良さそうです。

雑記
スポンサーリンク
シェアする
kuro99をフォローする
くろコレ -Men's Fashion Blog-

コメント