70分だった通勤時間を20分まで短くしたことで感じたこと

スポンサーリンク

突然ですが、みなさん通勤、通学時間ってどれくらいかけていますか?

私はもともと片道約70分通勤にかけていたのですが、

仮に通勤時間を一時間として週5日、月20日出勤すると考えると、

一日あたり往復2時間、一カ月で約40時間移動に費やすことになりますね。

通勤時間を20分に減らすことで感じた良かった点、悪かった点を

私の体験に基づいてお伝えしたいと思います。

平均通勤時間と理想の通勤時間は?

首都圏の平均通勤時間はおよそ1時間と言われているようです。

対して理想の通勤時間はおよそ30分前後と言われています。

現在私は愛知県在住ですので、こちらのエリアになるともう少し短くなるでしょうか。

通勤に一時間かけていた時の話

私は以前、東京に住んでいたのですが、その時の通勤時間はおよそ70分でした。

その頃は本当に毎日が憂鬱でした。その理由が次の3つです。

1.朝が早い
2.満員電車による疲れ、ストレス
3.帰りも遅くなる

一つ目の理由が朝が早いことです。
通勤時間が長くなるということは必然的に朝は早起きする必要があります。
わたしは朝は強いほうではないですし、休みの日は朝10時頃までは平気で寝ています。
平日はとにかくギリギリまで寝ていたい派です。
そんな私が毎朝6時過ぎに起きて、準備をして出社するという生活はなかなか辛かったです。

二つ目の理由が満員電車による疲れ、ストレスです。
東京で通勤している方はおわかりかと思いますが、電車通勤はなかなか苦痛でした。
私はできれば二度としたくありません。毎日通勤している人達は本当に尊敬します。

何がそんなに嫌だったかというと、
狭い車内にすし詰め状態で、人の波に押されて変な角度で立たされて足が痛くなったり、
降りる人にぶつかられたり押されたりと良いことなんかひとつもありませんでした。
朝から蹴った蹴ってないとホームでおじさん同士の喧嘩を見せられることもありました。
夏なんか会社に着くまでに汗だくです。
何より朝出発するときに、「今日もあの電車に乗るのか・・・」とテンションが下がります。

今は満員電車から解放されて本当に快適です。

三つ目帰宅時間も遅くなるということです。
通勤に70分かかるということは当然帰りも同じくらいの時間がかかります。

仮に17:30が定時で、定時退社したとしても自宅に着くのは早くても19時前です。
一時間でも残業すればそれが20時になります。夕食を取ったりお風呂に入ったりしてたら
あっという間に寝る時間になってしまいますね。趣味の時間もそんなに取れません。

そんな感じで、以上が70分かけて通勤していたときに感じたことです。

通勤時間を20分にして変わったこと

その後、勤務地が変わって現在は愛知県で働いています。車通勤です。

通勤時間はなんと20分になりました。帰りは道が空いているので10分ほどで帰れます。

では、本題の通勤時間が20分になって変わった点(よかったこと)を書いていきます。

1.朝の時間に余裕が持てる
2.通勤が快適
3.定時後に使える時間が増える

ほぼさっきの逆ですね。

1.朝の時間に余裕が持てる

まず1つ目の良かった点ですが、朝の時間に余裕が持てるということです。

通勤時間が短くなったので、当然朝も時間に余裕ができました。

東京で70分かけて通勤していた頃と比べて、1時間も家を出る時間が遅くなりました。

睡眠が大好きな私にとっては本当にありがたいです。

もっと活動的な人はその分早起きして運動や読書等、他にも好きなことに時間を使えます。

私は朝の時間に余裕を持てたことで、仕事へのモチベーションアップにもつながりました。

2.通勤が快適

2つ目の良かった点は、通勤が非常に快適になったことです。

もともと電車通勤だったのが車通勤に変わりました。

これは通勤時間というよりも通勤方法が変わったという話なので

ここで書くのもどうかと思いますが、

これも生活が変わった大きな要因なので述べておきます。

電車から車通勤に変わったことで、満員電車のストレスから解放され気持ち良く
通勤できるようになりました。

自分だけの空間で好きな音楽を聴きながらコーヒーを飲みつつ通勤できるだけで
朝からテンションも上がります。何より座ったまま通勤できるのがとにかく楽です。

3.定時後に使える時間が増える

3つ目は定時後に好きなことに使える時間が増えるということです。

これも生活が変わった大きな要因です。

70分かけて帰宅していた頃は、仕事が終わって疲れ切って帰るときに
「これから70分電車に乗って帰るのか・・・」と憂鬱でしたが、
今では10分程度で帰ることができるので、
とにかく身体的な面でも気持ち的な面でも楽です。

仕事終わりにたくさん時間があるので、

友人と飲みに行ったり、好きなゲームをしたり、
少し仮眠を取ったりと好きなことができます。

私の場合はこうしてブログを書く時間ができました。

残業でかなり遅くなった時も、すぐに家に帰れると思うと気持ちが少し楽になります。

仕事の後でこうして自分の時間を持てるということは
次の日の仕事のモチベーションにつながりました。

結局通勤時間が減って何が良かったかと言うと、

平日にプライベートな時間を多く持てるようになったことで、気持ちに余裕ができて仕事のも趣味にも今まで以上に打ち込めるようになった。

ということです。

正直今までと見える世界が少しだけ変わりました。

大げさに聞こえるかもしれませんが本当にそう思っています。

今の生活になってから以前よりも仕事は忙しいですが、とても充実しています。

一方でデメリットも・・・

通勤時間が短いことについて良いことばかり書いてきましたが、
私とは真逆の意見であえて遠くに住んでいる知人もいます。
知人の話を聞くと

  1. 娯楽の多いところ、利便性の高いところに住みたい
  2. 仕事とプライベートを分けたい

という理由で少し職場から離れたところに住んでいるようです。

1つ目の理由は、休日に遊んだり出かけたりするときに
娯楽が多い街のほうが便利だからということらしいです。

休日の過ごし方を最優先とした理由ですね。わからなくもありませんが、
週2日の休日のためにそこまで遠くに住みたいかなぁと感じました。

週5日は仕事のために通勤するわけですしね。


2つ目
は仕事とプライベートを分けたいという理由らしいです。

確かに職場と自宅が近いと休日も仕事のことを考えてしまったり、
仕事とプライベートの切り分けがしにくいというのはわかります。

私も職場に近いところに住んでるために、
近所のスーパーで会社の人に出くわすこともよくあります。

私はあまり気にならないので職場に思い切り近い場所に住んでいますが、
気になる方は隣町くらいに住むのが良いかもしれませんね。

考え方は人それぞれですし、あくまで私個人の意見としては
できるだけ職場は近くて通勤時間が短いほうが良いかなーと思っています。

みなさんの都合があるので、
「そんな簡単に引っ越せねーよ!」って方がほとんどかと思いますが、
もし環境を変える機会ができたときは是非参考にしていただければと思います。

雑記
スポンサーリンク
シェアする
kuro99をフォローする
くろコレ -Men's Fashion Blog-

コメント