極上の暖かさ【ANDERSEN-ANDERSEN】のニットの魅力

アンデルセン
スポンサーリンク

くろべです。

 

本格的に寒くなってくる季節に欲しいものといえばニット。

 

おそらくこれ以上の(高価な)ニットは買うことがないだろうと思うほどのニットを購入しました。

 

価格は何と税込49,500円・・・!!

 

気になっているけど、値段が値段だけになかなか手を出しにくいという人も多いと思いますので、今回はアンデルセンのニットについて詳しくレビューしていきたいと思います。

ANDERSEN-ANDERSEN アンデルセンアンデルセンのニット

アンデルセン

アンデルセンアンデルセンはデンマークのアンデルセン夫妻が立ち上げたニットブランドで、長い間人気を博しているブランドです。

ニット好きの人なら一度は耳にしたことがあるブランドだと思います。各言う私も前々から気になっており、今年遂に購入までいたりました。

 

特に有名なのは私も今回購入した”セーラーセーター”と呼ばれるモデル。美しくしっかりとした畔編みと前後どちらからでも着られるネック部分が特徴的なニットです。

 

正直なところ値段がかなり高いので、買うかどうかは直前まで悩んでいたのですが、店舗に足を運んで実際に試着してみるとかなり良い感じだったのでその場で即決していまいました。

 

ちなみに今回購入したのは、ジャーナルスタンダードの別注モデルです。通常のモデルに比べて若干肩幅と身幅を緩めた今っぽいシルエットにリサイズされています。

 

2019年モデルはホワイト、ブラック、ブラウンの3色展開で、私が選んだ定番のホワイトの他に今年らしいブラウンもかなりの人気だそうです。

ちなみにショップスタッフが着ていたニットは2018年モデルの今年にはないカラーのネイビーでした。

ホワイトも真っ白というよりは少し黄色みがかったオフホワイトといった感じの色合いなので、服装にも合わせやすいです。

 

おそらく変わりなければ来年以降も同型のニットが出る可能性があるので、今年変えなかった人は来年に着たいするのもありだと思います。

 

通常モデルだとけっこうジャストサイズ目な感じだったので、緩めが好きな私としては少し敬遠していたのですが、このモデルに関してはまさに私が欲しかったシルエットそのものだったのでよかったです。

 

実際に着てみた感想としては、めちゃめちゃ重くてとにかく暖かいです。

特に驚いたのはその重量感です。ここまで重いニットは間違いなく人生初めてでした。

 

これだけしっかりしているニットだと当然防寒性もかなり高いです。これ一枚でちょっとした寒さなら全然耐えられるくらいです。これにアウターを羽織れば寒い冬でも余裕で越せそうです。

 

後は実際に着てみて感じたのは、思ったよりも生地が固めでがっしりとしていることです。

メリノウールを使用しているのですが、触った感じはコットンのような風合いで、初めて着る人は少しその固さに驚くかもしれません。

単純にニットに柔らかさを求めるならアンデルセンのニットはあまりおすすめできないかもしれないです。ただ耐久性や毛玉のできにくさという面では右に出るニットはない言えるくらいしっかりとしています。

 

正直なところお世辞にも気心地が良いとは言えないのですが、これはこれで安心感もあってありかなと思っています。

本当にガッシリとしているので、あまり気を使わずにガンガン着れそう。

アンデルセンアンデルセン

シルエット全体はこんな感じ。

肩を大きく落としたドロップショルダーになっているのですが、それに対して身幅はそこまで大きく取られているわけではないので、実際に着てみると思ったよりも大きくは感じませんでした。

通常モデルのほうは試着したことがないのでわかりませんが、おそらくかなりジャスト目なサイズ感になると思います。

 

anderse

こちらのモデルは前後どちらからでも着られることで有名で、実際に平置きしてみると前も後ろも全く同じ見ためです。

首周りは前後が少し立ち上がっていてボートネックのような見た目です。一枚で着てももちろん可愛らしいのですが、上からアウターを羽織っあ際に見える首元もアクセントになって可愛らしいのでおすすめです。特に襟のないMA-1等のブルゾン系と合わせるとニットが映えるので好みですね。

編地は肩の部分で切り替わっています。着てみると思ったよりも脇の下には余裕がない感じでした。

個人的にはもう少しゆったり目でも良かったですね。

 

袖はリブでキュッと絞っているのですが、けっこう長めですね。私は一回折り返してジャストの長さです。いろんな人の着こなし画像を見ても袖を折り返している人は多いので、元々長めに設定されているのかもしれません。気になる人はお直しに出して袖丈を詰めるのも検討してみると良さそうです。

裾にはちょっとだけスリットが入っています。これがあるだけでも着た時にストンと落ち感のあるシルエットになります。

大人にこそおすすめしたい至高のニット

アンデルセン

丁寧に編み込まれたアンデルセンアンデルセンのニットは、間違いなく大人の装いにはまると思います。

定番の白でも良いですし、その他のカラーも綺麗でどれを選んでも満足できるはずです。

頑丈な作りなので長年着られるのも嬉しいポイント。価格が高いだけに、気になる人は一度店舗での試着を検討してみてください。

 

コメント