今季の1軍ニット。crepuscule(クレプスキュール)の鹿の子編みニット

くろべです。

毎年秋冬になると出費がかさみます。

なぜかというとニットばかり増え続けるからです。

私は毎年5~10着くらいはニットを買っていると思います。
ユニクロ等のファストファッションから30000円くらいする物まで値段は様々です。

ニットが増えすぎて着なくなった物は何着も売りに出したり、捨ててしまったりしています。

2シーズン以上着続けているニットはかなり少ないです。

今年は既に4着購入しています。既に1着は着なくなっています。というよりも家で試着しただけで外では1回も着ていません。いつになってもネットで服を買う時の失敗はなくなりませんね。モデルが着てると良く見えるのに実際自分が着ると似合わないなんてよくあります。それと特にニットは写真と実物の印象が違うってこともよくありますので気を付けたいです。それでも昔に比べれば失敗はかなり減ったのですが。

後は買った直後は気に入ってたくさん着るのですが、次のシーズンになるとどうしても
サイズ感や雰囲気がちょっと違うな・・・と感じてしまい結局着なくなってしまうといこともよくあります。

それでもニットは毎年買い続けてしまうのが悩みです。もう少し考えて買い物しなきゃダメですね。

ちなみに私はニットを着る機会も人より多いと思います。

秋は基本的にニット1枚で出かけますし、冬のインナーはほぼ100%ニットです。

ニットの下にシャツを入れて襟や裾を見せたりという着こなしはあまりしません。
最近はやや大きめのニットを1枚でざっくり着るのが好みです。

そんな感じで秋冬はほぼ毎日ニットを着るので、どうしてもいろいろと買い漁ってしまいます。

そんな中で最近気になっていたニットを手に入れました。

crepuscule(クレプスキュール)の鹿の子編みニット

こちらのcrepuscule(クレプスキュール)の鹿の子編みニットを購入しました。

クレプスキュールと言えば日本のニットブランドで、
シンプルかつ上質な素材感が特徴のブランドです。

同ブランドではこちらの鹿の子編みのニットが有名ですね。
最近はネットではなかなか手に入りにくいのですが、今回なんとか買うことができました。

今まではオークションサイトの中古品しか見たことがなかったのですが、
頻繁にネットを徘徊した甲斐もあり、ZOZOで見つけた際に即購入しました。

色はベージュを選びました。

無地ながらも鹿の子編みの凹凸が地味な印象は払拭してくれているのに加えて、今時の少し肩を落としたシルエットなので、1枚で着てもサマになりやすいです。

今回は1シーズンで捨てずに長いこと着れそうな予感がしています。

サイズ感について

今回やや着丈を短めに着たかったので、レディースサイズを購入しています。

着丈は若干短めに感じるのですが、肩幅や身幅は十分にゆとりがあり、男性でもゆったりと着ることができます。

非常に網目が細かく、がっしりとした肌触りですが、着た感じは重く感じることもなく軽やかに着ることができます。ウールのような高い保温性はありませんが、冬でも十分過ごせそうです。私も12月現在も着ています。

袖のリブはしっかりとした作り

袖のリブはかなりしっかりしています。

腕周りが割とゆったりと大き目の作りになっているのに対して、

袖のリブはキュッと細くなっているので、決してだらしない印象にはならず、

どこか可愛らしい雰囲気です。こうしたデザインはメンズもレディースも変わらないので

サイズはレディースとなっていますが、男性でも違和感なく着ることができます。

同じく首元のリブもしっかりと度が詰まっており、数回程度の着用でヨレるようなこともなさそうです。

それどころか、何シーズンでも着られそうなくらいの作りだと思います。

生地の伸縮性はあまりなく、毛玉も今のところ出来る気配がないのでケアはかなり楽そうです。今後も細かいことは気にせずにガシガシ着ていこうと思います。

裾にもリブはあるものの、身幅はかなり広めになっているので、裾がずり上がってくるということもありません。

長い間1軍で活躍してくれることを期待しています。

最後になりますが、来年も再来年もクレプスキュールのニットが私のクローゼットに居続けてくれることを願います。

クレプスキュールのニットはかなり頑丈に出来ており、数年でダメになるということはなさそうなのでこれからもたくさん着ていきたいです。

 

コメント