【UNIQLO U】ミラノリブクルーネックセーターは絶対に買うべき理由!

スポンサーリンク

くろべです。

先日UNIQLO Uの2019年春夏の新作を見てきました。

回を重ねるごとに大きな話題となっていますが、
今回もその話題性に納得の出来だったと思います。

ユニクロでありながらトレンドライクなデザインやシルエットが
格安で手に入るコラボということで、人気商品は当日に売り切れてしまうほどです。

そんなユニクロ・ルメールコラボですが、
初めはルメールって誰だ?という状態でした。

ほとんどの人は私と同じでユニクロ・ルメールのコラボで、
クリストフ・ルメールというデザイナーを知ったと思います。

よほどの服好きでない限り自分の着ている服のデザイナーが
誰かなんて気にしないですよね。

そんな一般層にまでその名前を広めることになった同コラボはすごいと思います。

繰り返しになってしまいますが、ユニクロの手頃な値段で高品質な素材を使いつつも、
ユニクロっぽくないデザインやシルエットを楽しむことができるという点は
服好きとしてはありがたい限りです。

私も毎回一部ではあるものの、購入して愛用しています。

今回は2019年春夏のUNIQLO Uで私が購入した商品を紹介させていただきます。

【UNIQLOU】ミラノリブクルーネックセーターを購入

今回購入したのはこちらの「ミラノリブクルーネックセーター」のブラウンです。

発売前から気になっていたのですが、実際にユニクロ店舗へ足を運び
実物を見た時に「買うしかない!」と思い購入に至りました。

こちら半袖ですがニット素材となっており、夏でも簡単に差別化を図ることができます。

日本の夏は暑いのでほとんどの人はTシャツを着ると思いますが、
そこをあえてTシャツではなくニットを合わせることで、
Tシャツが持つカジュアルさを払拭し、ニット素材の大人っぽさを見せることができます。

とはいえ綿のTシャツのように肌に直接ニットを着てしまっては、
汗が染みこんでしまいせっかくのニットがすぐにダメになってしまいます。
それにニットを直接肌に着るのって何となく罪悪感が湧きますよね。

おそらくインナーにタンクトップ等を合わせて着ることになりそうです。
そうなるとやはり真夏の暑さは耐えられないので、このニットが着られるのは7月中旬頃まででしょうか。

ただ、夏になるまではインナーとしても使えますのでそれなりに着用するチャンスはありそうです。

こちらのニット、カラーはブラック、ホワイト、ブラウン、イエローの4色展開となっており、
定番のブラックやホワイトも良かったのですがブラウンの発色が綺麗だったので
今回はブラウンを選びました。

ブラウンといっても派手すぎない色合いであり、
非常に艶もあって大人っぽいニットなので、色物を選んでも子供っぽく見えることはありません。

サイズ感ですが、少し肩と身幅を広めにとっており、なおかつ着丈は短めのボックスシルエット。
着丈は思ったよりも短かったので、普段より1サイズくらいは上げて着たほうが
良いかもしれません。
オーバーサイズというほどではなく、気持ちゆったりしているかなという感じです。

ネックはやや高めに設定されており、首元まで生地があることで一枚で着ても地味になりにくい
デザインになっています。

また、袖や裾にリブはついておらず、切りっぱなしのようなデザインになっています。
これによって生地に落ち感が出て、着ているときに服に皺が付かずに綺麗に着ることができます。

長袖バージョンも欲しかった

こちらのニット、値段からは考えられない程の出来で非常に良品なのですが、
あえて文句を付けるなら長袖バージョンが欲しかったです。

あえて半袖のニットを出すことで、普段Tシャツしか着ない層にも
新しい着こなしを提案できるのはとても良いことなのですが、
やっぱり長袖バージョンも欲しかったです。

長袖なら春先に一枚で着ることもできますし、
何より半袖よりも簡単にカッコよく見せることができます。
もし出ていれば全色買いたいくらいです。

とはいえ、ないものねだりしてもしかたないので、
こちらのニットが着れる季節を楽しみに待つことにします。

今年の夏は少しだけ暑さを我慢してニットにも手を出したいと思います。

コメント