雨で濡れてしまった革靴の白い汚れ(銀浮き)とでこぼこを直す方法

スポンサーリンク

「雨が降った日に革靴を履いたら白い染みのような汚れが付いて取れなくなってしまった・・・」

と困っていませんか?

 

これは銀浮きという汚れで革靴が雨水等で濡れてしまった際に革の表面が浮き上がって凸凹してしまう現象です。

 

私も先日、雨の中で革靴を履いてしまったのですが、家に帰ってから気が付くとこの銀浮きが起きていることに気が付きました。

 

  • 雨の日に革靴を履いたこと
  • 水分を拭き取らずに放置していたこと

 

これらがまずかったことはわかっているのですが、特にこの日履いていたのはお気に入りのJMウエストンのローファーということでかなりショックが大きかったのです。

 

そこで何とかこのやっかいな銀浮きを直せないかと方法を探しました。

 

ちなみに近くに革靴等を取り扱う専門店があればそちらに持ち込むのが確実ですが、今後も同じようなことが起こる可能性は高いので今回は自分で処置できそうな方法を試していきます。

 

革靴を丸ごと水洗いする、なんて大胆な方法もあるようですが、なかなか勇気が要る処置なので今回はもう少し簡易的な方法を選びます。

クリームで革靴の白い汚れ(銀浮き)を落とす方法

銀浮き 汚れ

こちらが処置をする前の状態。

白い汚れが付着しており、表面がぼこぼこしてしまっています。

銀浮き 汚れ

正面から見ても汚れが目立っています。ちなみに軽く濡らして拭くと一見汚れが取れたように見えますが、乾くとまた白い汚れが浮いてくるので効果はなさそうです。

 

今回参考にさせていただいたのは以下の記事です。

 

【革靴の銀浮きを直そう!】雨に濡れて表面がボコボコになった革靴を簡単に治す方法

 

リムーバー 革靴

まずはリムーバーを使って靴表面の汚れを落としていきます。

 

綺麗な布にリムーバーを少し付けて、円を描くように軽く靴表面を磨いていきます。

 

 

続いて使うのはこちら。

 

革靴用のデリケートクリームです。

革へ水分補給するためのクリームで、これを塗り込んでいくと革が潤い柔らかくなっていきます。クリーム自体の伸びも良く使い勝手が良いです。

無色で匂いもないため、他の革製品のお手入れにも使えるので、一つ持っていると良いかもしれませんね。Amazon等の評価も高く、靴磨き系の動画では定番となっているためまずこれを使っておけば間違いなさそうです。

 

このクリームを靴の汚れ部分に塗り込んでいき十分に水分を含ませた後、ボールペンのボディを革に当ててしわを伸ばすように動かしていきます。

使うボールペンは自宅にあるものなら基本的に何でも良いです。

 

クリームが少し乾いてきたら再度塗り込み水分を補給しつつ同じ作業を続けていきます。

 

格闘すること10分程でしょうか。

汚れとしわはほとんど目立たなくてなってきました。

正面から見ても汚れはほとんどわかりません。

 

ということで、今回試した方法は銀浮きに対して有効であることがわかりました。

コツはやはり根気よくクリームを塗り込みしわを伸ばしていくことでしょうか。

 

1度や2度やっただけではなかなか汚れが落ち切らなかったので、じっくりと繰り返しやっていくことが大切だと感じました。

 

まずは雨の日に大切な革靴は履かないというのが一番だとは思いますが、もしも革靴が雨に濡れてしまった銀浮きができてしまった、なんてときには一度この方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
シェアする
kuro99をフォローする
くろコレ -Men's Fashion Blog-

コメント