ローファーの原点!JM WESTONのシグニチャーローファーを購入

jm ウエストン
スポンサーリンク

ついに前から欲しかったあの靴を買ってしまいました。

そうです。JMウエストンのローファーです。

 

『J.M. WESTON』と言えばローファーと言われるくらい有名な靴です。

 

購入しから興奮を抑えられないので早速記事にしてみました。

では紹介していきます。画像多めです。

J.M. WESTON シグニチャー ローファーを購入

jm weston ローファー

180ローファーと言えば、ゴルフと双璧をなすJMウエストンの顔とも言える革靴です。

J.MウエストンのGOLF(ゴルフ)はビジネスにもカジュアルにも合わせられる名作

 

ローファーは意外にもほとんど履いたことがなく、昔GUで購入した3,000円程のスエードローファーを1足所有しているのみでした。それもほとんど履かなかったので今回が実質初のローファーと言ってもいいでしょう。

初めてのローファーがJMウエストンって贅沢すぎます。

 

価格は2019年10月現在で、\110,000円(税込み)でした。色はもちろんベーシックな黒を選択。

 

増税前に買おうと思い9月頃に駆け込んだのですが、あいにくサイズが欠品中で本国フランスからの取り寄せということに。日本に届くのは年末近くになるということでしたが、消費税は実際にこちらに届くタイミングでかかるということで結局10%で購入ということになってしまいました。もう少し早く買っていればよかったです。

 

サイズは4Dを選択しました。4Cも試したのですが、こちらは履いた瞬間かなり足が痛くて5分も歩けないくらいだったので4Dがギリギリ我慢して履けるサイズでした。ただ、こちらもそれなりに締め付けがあって痛いので徐々に履きならしていく必要がありそうです。

 

ゴルフを購入した時の経験から、最初はきつくてもある程度は足にフィットして履きやすくなってくることはわかっていたので、4Dで間違いないはずです。やはりJMウエストンの靴は少し小さめを選ぶべきですね。後は靴下の厚みによってもサイズ感は変わってくるので、そこも考えて選ぶと良いです。

 

ちなみに最初はパラブーツのアドニスも候補に挙がっていました。

両方試着したのですが、アドニスは思ったよりもゴツゴツとしていたのとサイズがあまり合わなかったので断念。どちらもカッコよかったのですが、よりスマートに履けるJMウエストンを選びました。

究極のベーシック

jm weston ローファー

早速外で写真を撮ってみました。

 

JMウエストンの靴はとにかく革が美しいです。ずっと眺めていられます。

jm ウエストン

形はとにかくベーシックで何の変哲もないコインローファーです。

一切無駄な装飾がないので、より革の質の良さが目立ちます。

 

トゥはやや短めで丸みを帯びたシルエットがカジュアルにも合わせやすくて良い感じです。

鼻先が長い革靴はビジネスライクにも見えがちなので、カジュアルで履く革靴はこうした少し丸みのあるデザインが好みです。

jmウエストン ローファー

かかとは小ぶりながらも丸みを帯びたシルエットが可愛らしいです。

私のかかともぴったりと収めてくれます。

この曲線美にも思わず見とれてしまいます。

 

jm weston

横からの眺めも良い感じです。

ソールは薄めで履いてみるとかなりスッキリして見えます。

ローファー jm weston

JMウエストンのローファーのソールはレザーソールです。

 

カツカツと鳴る歩行音がレザーソールだということを感じさせてくれて非常に気持ち良いです。

ただ、雨の日は非常に滑りやすいので履くことができないのが欠点。また、舗装されていない砂利道なんかも歩きにくいです。

 

人によってはソールの減りを防止するためや滑り止め等のためにハーフラバー(ゴムソールを貼ること)する人もいるようです。

 

 

私も道を選ばずにガンガン履きたい派なので、ハーフラバーするか迷っているのですが、一度やってしまうとレザーソールには戻れないところが悩みどころです。

 

レザーソール特有のカッコよさや歩行感も捨てがたいですし、ハーフラバーのメリットも享受したい。

正直好みによるところだとは思いますが、しばらくはレザーソールの質感を楽しみたいと思います。

 

その後、ハーフラバーするかどうかじっくり考えたいと思います。結論を先延ばしにしているだけのような気もしますが・・・。

履くとさらにカッコいい

jm weston

早速履いてみました。

 

置いて眺めてるだけでも楽しいですが、履いてみるとさらにカッコいい気がします。

シンプルながらも上質な革の輝きがコーディネートを格上げしてくれます。

 

ローファーって革靴ながらもカッチリしすぎず程よい塩梅なのでとにかく何にでも合わせやすいのが良いです。これからヘビロテ間違いなしです。

 

ちなみにユニクロのベリーショートソックスを履いているのですが、ちょっと靴下がはみ出てしまいます。

大幅に靴下が見えているようなら不格好なので見直すべきですが、これくらいなら、ほとんど気にならないレベルなので私はユニクロで十分かなと思います。

 

たぶん他人から見てもほとんど気付かれないはず。

履き心地はまだまだ固めでなじむまでは時間がかかりそうです。

 

ほぼ丸一日履いた日があったのですが、さすがに長時間履いていると足が痛くなりました。

 

まさに修行といった感じですが、これから徐々に私の足の形にフィットして最高の履き心地になると思うと全然耐えられます。むしろ楽しいくらいです。

ゴルフと並べてみた

せっかくなので手持ちのゴルフと並べてみました。

やはりローファーのほうが全体的にスッキリとした印象です。もちろんどっちもカッコいいです。

 

それにしてもゴルフは購入して1年半なのでさすがに着用感が感じられます。

少なくとも2日に1回は着用していたので、かなりの回数履いているはずです。

そろそろ磨いておきたいですね。

 

ちなみにJMウエストンのお店へ持っていくと無料で磨いてくれます。

ヒール部分はゴルフのほうが厚みがあります。やっぱりゴルフはごつめですね。

純正のシューツリーは買いませんでした

今のところローファー用にシューツリーは購入していません。

純正のシューツリーは軽く1万円を超えてくるので、やっぱり少し手が出しにくいですね。

靴自体が高いので感覚が麻痺してそのまま一緒に買ってしまいそうになるのですが今回は踏みとどまりました。

 

とはいえ、高い靴だけに大切に履きたいのでやはり購入しようかと迷っています

ただやっぱり高いので純正の物は選ばないかもしれないです。ちなみにゴルフで使用しているシューツリーはパラブーツの物。今のところ純正でシューツリーを所有しているのはブーツ用のみです。

J.M. WESTONの靴はやっぱり良い

なんだかんだでJMウエストンの靴もゴルフ、ブーツに続いて3足目です。

2年で3足と考えるとけっこうなハイペースで買いそろえてきた気がします。

それだけ魅力的な靴ということだと思います。

 

JMウエストンの靴の良さはやはりシンプルで合わせやすい形と、革の美しさですよね。この飾らないデザインがとにかく好きです。

 

今回購入したローファーは割と何にでも合わせやすいのでこれからガンガン履いていこうと思っています。履いて出かけるのが楽しみです。

 

この記事を書いている途中で3泊4日の旅行に行ってきたのですが、早速ローファーを履いていきました。ずっと履いていただけに大分足に馴染んできたように思えます

それでもまだまだ長時間履いていると足が痛くて辛いのですが、最初よりは徐々に馴染んできました。

 

欲しい靴は大方揃ったのでしばらくは新しい靴の購入は控えようと思っています。

あとはシューツリーを早めに手に入れたいですね。

スポンサーリンク
シェアする
kuro99をフォローする
くろコレ -Men's Fashion Blog-

コメント