adidasのUNION GARWENを購入。スタンスミスと比べると少しレトロな雰囲気のスニーカー

スポンサーリンク

くろべです。

最近革靴を履くことが多く、週のほとんどは革靴で過ごしています。
たまに履くスニーカーも黒のスニーカーばかりで、若干食傷気味になっていました。

でも、革靴ってやっぱり良いですよね。
服はある程度てきとーでも革靴を履くだけで全体が引き締まって良く見えます。

スニーカーは一歩間違えるとだらしなく見えかねないですが、
革靴はあまり考えずに何を合わせてもそれなりに見える楽さがあります。

最近は革靴ばかり履きすぎて、久しぶりにスニーカーを履くと違和感を感じるように
なってしまいました。

それくらい革靴ばかり履いてしまっている自分がいます。

ですが、たまにはスニーカーも履きたいと思い、良い物がないか探していました。

そしてこの靴を購入。

<adidas Originals> UNION GARWEN

思い切って白スニーカーを購入しました。
アディダスの白スニーカーです。ユニオンガーウェン?と読むのでしょうか。
スタンスミスと似ていますが全く別の靴です。

元々はGarwen SPZLというスニーカーで、UNION LAというロサンゼルスのセレクトショップと、
アディダスがコラボして作ったスニーカーのようです。

オリジナルと何が違うのかは私もよくわかっていません。

遠目で見るとスタンスミスに似ているのですが、雰囲気は全く異なります。

私もスタンスミスは持っていますが、スタンスミスはクリーンな雰囲気を持っているのに対し、
こちらは、どこかレトロな雰囲気が漂っていて全然違う靴という感じです。

ちなみに私はこちらのほうが好みです。

比べてみると色も真っ白というわけではなく、
私の持っているスタンスミスよりは少しくすんだ白という感じです。
スタンスミスもたくさん種類があるので、一概に比較はできないと思いますが。。。

革は非常に柔らかく、履き心地も優しい感じです。

クッション性はスタンスミスと変わらないと思います。

もう一点大きく違うのがシュータンの大きさです。
Garwenはスタンスミスのシュータンと比べて少し小さいです。
※写真撮り忘れたので、後日比較画像上げます。

シュータンの大きさが違うからなんだと思うかもしれないですが、
履き比べてみると雰囲気の違いがわかります。

シュータンが小さいほうが足元がよりスッキリ見えると思います。

白スニーカーの時点で、膨張色で足元も目立ちやすいので
より足元をスッキリ見せたい場合は、このようなシュータンがなるべく
薄く、小さいものを選ぶと良いと思います。

実際に履いてみるとこんな感じです。

横からのシルエットが結構好きです。

ホワイトのカラーリングの中で映える明るめのブルーもとても良い感じです。
実はこのカラーリングも購入の決め手の一つです。

若干水色にも見えるような他にない感じの青色に惹かれてしまいました。

ただ、ここまで褒めておいてなんですが、この靴まだほとんど外で履いていません。

自宅では何度か履いてみたのですが、服装全体を見た時に、
どうしても足元の白が浮いてしまい違和感を覚えてしまいます。

革靴ばかり履いていた代償でしょうか。

スニーカー単体ではカッコいいのですが、実際に合わせてみるとしっくりこないので
まだあまり履けていません。

この解決策として、

  1. トップスに白を入れて視線を散らす
  2. パンツを淡い色にして足元との境界をぼかす

この2つの方法のどちらかである程度違和感は解消できるだろうと考えました。

まず一つ目の解決策ですが、
この時期(冬)にトップスに入れるとなると男物で白アウターはあまりないので、
白ニットになるのですが、今現在は白いニットを持っていませんでした。

以前は何着か持っていたのですが、
去年服を整理したときにほとんど捨ててしまっていました。

最近はネットでよく探しているのですが、なかなか気に入ったものに巡り合えません。

このままではせっかく買ったスニーカーが履けないままなので
もう少し探したいと思います。

二つ目の解決策のパンツに淡い色を持ってくるという案ですが、
手持ちのグレーのスラックスを合わせると、黒パンツを合わせたときよりは、
少しだけ良い感じでしたのでありかなぁという感じがしましたが、

やはり白いトップスと合わせたいので、もう少しニット探しを続けてみようと思います。

コメント