ユニクロUと通常ラインのスーピマコットンTシャツを徹底比較

スーピマコットン
スポンサーリンク

どうも、くろべです。

先日、ユニクロのスーピマコットンTシャツを購入しました。

スーピマコットンTシャツと言えばユニクロと言えるくらい有名な商品で、既に持っている人も多いんじゃないかと思います。

通常ラインの物は以前から知っていたのですが、ユニクロUバージョンのスーピマコットンTシャツも売っているって知ってましたか?

一体なにが違うの?ということが気になったので、通常ラインとユニクロUそれぞれのスーピマTを購入して比較してみました。

スポンサーリンク

スーピマコットンTシャツを購入

スーピマコットン

スーピマコットンの特徴と言えばその艶の強さと滑らかさ、そして非常に気持ちの良い肌触りです。

希少な繊維なのですが、ユニクロの生産背景があるからこそ破格の値段で売ることができています。

画像左が今回購入したユニクロ通常ラインのスーピマコットンTシャツ、そして右がユニクロUのスーピマコットンTシャツです。

値段はそれぞれ通常ラインが1,000円、ユニクロUが1,500円と差はありますが、それでもこの値段でこの素材感のTシャツが手に入るのは嬉しいです。

素材だけ見れば他のブランドではとても出せない価格帯ですし他のブランドで10,000円で売っていても正直気付かないと思います。

一度着たことがある人はわかると思いますが、とにかく着心地が良いのが特徴です。

私も以前の型は持っていたのですが、今回ユニクロU版のスーピマもあるということで、改めて両方とも購入しました。

通常ラインについて

 

まずは、通常ラインのスーピマコットンTシャツの特徴を見ていきます。

こちらは毎年展開されているユニクロの定番ともいえるTシャツです。

今回選んだのはネイビーのSサイズ。価格は1,000円と気軽に買うことのできる値段です。

生地感

生地は冒頭で述べた通り艶が強く滑らかな触り心地です。

光沢が強いので子供っぽくみえにくく、着るだけで大人っぽい雰囲気をまとうことができます。

一つ気になるのは生地の厚さでしょうか。

後述しますが、ユニクロUのものより若干生地が薄いので、気になる人はいるかもしれません。

サイズ感

続いてサイズ感を見ていきます。

今回購入したのはSサイズで、私が採寸した場合、肩幅41cm、身幅46cm、着丈63cmという結果になりました。

公式サイトでは肩幅41cm、身幅57.5cm、着丈65cmということなので、1~2cmの誤差といったところです。

サイズ感としてはごく普通のベーシックなTシャツという感じです。

ただ、生地が少し薄めなのでジャストサイズで着てしまうとやや下着感が強くなってしまうのが悩みどころです。

私が1枚で着るなら1サイズ上げることで着やすくなると思います。

ジャケット等のインナーとして着る場合は、見える面積が小さくなるのでジャストサイズでも良さそうです。

ちなみに公式サイトでは公表されていないですが、腕の裾幅の長さを測ってみると約15cmでした。

けっこう細めなので、細腕の人にとっては相対的に腕をたくましく見せてくれるのでおすすめです。

逆に腕が太い人にとっては若干きついかもしれないので注意が必要です。

ユニクロUについて

ユニクロU スーピマ

続いてユニクロUのスーピマコットンTシャツを見ていきます。

こちらもSサイズで色はブルーを選びました。

本当は同じ色で比較したかったのですが、ユニクロUにはネイビーはなかったのでそれに近いブルーで比較していきます。

価格は通常ラインより少しお高めの1,500円。

それでも十分すぎるほど安いですし、たった500円の差なので最終的には好きな方を選ぶべきだと思います。

生地感

ユニクロUも通常ラインと同様に艶は非常によく肌触りも抜群です。

とにかくさらっとした着心地で着ていて気持ちが良いところは変わりないと思います。

色の違いもあるかもしれませんが、こちらのほうがさらに艶が強いような気もします。

生地はユニクロUのほうが気持ち厚みがある感じです。

ここら辺の差がそのまま500円という価格差に表れているのでしょうか。誰か教えて下さい。。。

サイズ感

続いてサイズを見ていきます。

私が採寸した結果、肩幅43.5cm、身幅48.5cm、着丈62cmとなりました。

公式サイトでは肩幅45cm、身幅50cm、着丈66cmと私が測ったときとは若干の差がありました。

全体的に実物のほうが気持ち小さめの作りかもしれません。

腕の裾幅は15.5cmと通常ラインよりもやや太めでした。

 

ユニクロUと通常ラインの違いは?違いはサイズ感と細部に作りにあり

通常ラインとユニクロU、2つのスーピマコットンTシャツの違いを見ていきます。

1つ目は首周りのリブの大きさです。

ユニクロUのほうがやや太めで生地にも厚みがあります。

細かい点ではありますが、リブが太いほうが少しカジュアルな印象を受けます。

とはいっても気になるほどではなく、あくまでも通常ラインと比べると太いといった感じ。

一方で通常ラインはリブが細く、目立ちにくい作りになっています。

一般的にリブが細いほうが大人っぽくて見えて私も好きなのですが、スーピマコットンTシャツに関しては作りがシンプルな分、リブがあったほうが下着感も払拭できるので好みで選んで良いと思います。

 

2つ目の違いはサイズ感とシルエットです。

ユニクロUは公式サイトの説明文にある通り「リラックス感のあるシルエット」です。

同じSサイズの通常ラインと比べると肩幅が41cmと43.5cm、身幅が46cmと48.5cmと差があることがわかります。

一方で着丈は通常ラインのほうがやや長めに設定されています。

つまりユニクロUのスーピマコットンTシャツは、ボックスシルエットと呼ばれる着丈短めで肩幅身幅大きめのリラックスシルエットということになります。

実際に着てみると、通常のスーピマコットンTシャツよりもやや大きめといった感じはあるものの、そこまでの大きさではありませんでした。

逆に通常ラインが細すぎるのでは?といった感じです。

画像1枚目が通常のスーピマコットンTシャツ、2枚目がユニクロUです。

どちらもSサイズですが、全体的にユニクロUのほうがゆったりしていると思います。

こちらはユニクロUのMサイズです。

実はもう少し大きめに着たいということで、後からMサイズも購入していました。

個人的にはMサイズのサイズ感のほうが好きなので、Mサイズメインで着ていこうと思います。

3つ目は生地です。

画像だと伝わりにくいのですが、実物を並べて見るとユニクロUのほうがより光沢があり高級感があります。

やはり500円価格が高いだけあって違いは生地にも表れているようです。

 

ちなみにカラー展開は通常ラインのほうが圧倒的に豊富なので、気に入った色があるかどうかも一つの検討ポイントになりそうです。

個人的にはユニクロUがおすすめ

ユニクロU スーピマ

じゃあ結局どっちが良いの?

 

通常ラインとユニクロUのスーピマコットンTシャツ両方を買ってみましたが、個人的にはユニクロUがおすすめです。

決め手は以下の2点でした。

  1. 生地が気持ち厚めなので1枚で着やすい
  2. ややゆったり目のシルエットで下着感がない

通常のスーピマコットンTシャツだと薄手&細身の作りなので、1枚で着るとどうしても体形が目立ってしまいます。

私は最近おなかが出てきたので、どうしても通常ラインを1枚で着るのには抵抗がありました。

 

一方でユニクロUは厚手&大きめの作りなので、1枚で着てもサマになりやすいというメリットがあります。

通常ラインにあるような下着感もあまり感じられませんでした。

1枚で着ることを考えると500円の価格差を考慮しても、やはりユニクロUに軍配が上がります。

ただし、ジャケット等のインナーで使うなら通常ラインでも十分ですし、体形に自信のある人なら全然ありだと思います。

ユニクロUのスーピマコットンTシャツはかなり良い出来なので、是非来年もユニクロUとのコラボは継続してほしいですね。

その時はカラー展開もさらに増やしてほしいです。

コメント